日本〜アジアのグローバル展開サポート

台湾人をはじめ、華人がビジネスをする上で大事にしている言葉があります。それは『人脈即金脈』(人脈は金脈という意味)という言葉です。華人は「人脈を大切にすると、そこから必ず金脈が生まれるということ」と信じています。アジアだけでなく、世界に広がる華人ネットワークは、日本人の想像をはるかに超えるものです。ビジネスの成功も失敗も、そしてチャンスをつかむのも、鍵となるのは「人」です。私たちは、一人一人との対話を大切に、何を・どこの国へ・どのように進出させるべきかを一緒に考えていきます。

RINO ASIAの成り立ち

中国語を話す=中国人という印象は少なからずあると思います。
今や世界に中国語を話す人は英語を話す人よりも多く、全世界に13億人を超える人がいるといわれています。
華僑ルーツもあり、中国・台湾以外にも中国語を第二言語以上とする国はアジアにはとても多くあります。だからこそ、中国語を話す日本人として、日本企業のアジア(中華圏)への進出を渉外部という役目で活躍できないかと考えたことが、RINO ASIAの始まりです。
御社の海外事業部の一員として、そして渉外部員として、
「共に歩み、共にはばたき、共に世界へ」をモットーに、
中小企業の皆様と一緒に世界への一歩を踏み出したいと思います。

RINO ASIAのMission

・2030年に100社の新規海外事業部を立ち上げます。

・地方から世界を目指す企業を増大させます。

・1人で多くの日本人のアジアに対する心の壁を無くしていきます。